ltg.exe

ltg.exe

Googleのロケーション履歴のエクスポートデータからGPXデータを生成するやつを作りました。
ダウンロード

Googleアカウントデータのエクスポート

ここからロケーション履歴にチェックを入れてダウンロードします。
ファイルの形式は.zip、ファイルの大きさは50GBにしましょう。
そのうちメールが飛んできたりするので待ちましょう。(結構長いです)

必要なファイルの用意

ダウンロードしたzipの中のロケーション履歴フォルダ内にある「ロケーション履歴.json」をどこかにコピーします。デスクトップでいいか。デスクトップにコピーします。
次に、このページの上の方にあるダウンロードリンクからltg.exeをダウンロードしてデスクトップに持っていってください。

GPXデータの生成

ロケーション履歴.jsonとltg.exeが同じ階層にある状態でltg.exeを実行します。
しばらく黒窓が表示されるので終了するまで待ってください。
処理が終了すると、デスクトップ内の「GPSLogs」というフォルダ内にGPXファイルが日付ごとに分けられて生成されています。

rykvの

rykvの「Datas/GPSLogs」フォルダ内に生成されたデータを移動すれば、マップで表示されるようになります。